カンジタ膣炎の再発防止とデーデルライン桿菌

 

カンジタ膣炎は、再発しやすいことでも知られています。

 

やはり免疫力が落ちた時に再発しやすいため、カンジタを再発しないためには、免疫力を落とさないように維持することが求められます。 日頃から疲労やストレスには注意し、腸内環境を整えPHを酸性に保てるように意識することが大切です。

 

免疫力を高め、腸内を酸性に保てるサプリメントを摂取することは、カンジタの再発を予防する上でもお勧めの方法です。

 

カンジタの再発防止や自然に治したいという方デーデルライン桿菌という乳酸菌が含まれたサプリメントがおすすめです。 女性のデリケートゾーンを健康に保つためにはデーデルライン桿菌という乳酸菌が重要になります。

 

カンジダは膣内の酸性のバランスが崩れることにより再発してしまいます。 また、異常なおりものやデリケートゾーンの臭いもこのことが原因であると考えられます。

 

自宅でできるカンジタの治療方法

 

デリケートゾーンの中で雑菌が繁殖して腐敗した結果、臭ったり、かゆみになったり、異常なおりものになったりという結果が出てしまうのです。きちんと酸性に保てれば菌の繁殖や腐敗は起こりません。

 

デーデルライン桿菌が膣内に十分に生きていれば外からの菌は生きていけません。ですからデーデルライン桿菌という善玉菌をきちんと繁殖させておくことで膣内の健康を保つことができます。

 

デーデルライン桿菌を増やすためにはサプリメントの利用が考えられます。ドクターチョイスのフェミプロバイオというサプリメントにはデーデルライン桿菌が含まれていますので、こちらを利用することによりデーデルライン桿菌を増やして膣内の健康を保つことができます。

 

カンジタを自然治癒するにはカンジタクリアーというカンジタ治療専用のサプリメントがあります。カンジタクリアで治療してフェミプロバイオで膣内を健康に保つという方法はカンジタの自然治癒と再発防止対策となります。

 

カンジタ(女性)完治セット

 

 

サプリメントによるカンジタ膣炎の治療

 

カンジタ膣炎の治療については薬ではなくサプリメントを活用する手もあります。 薬を膣の中に入れるのが怖いなど、カンジタ膣炎の薬の使用に不安を感じる方も大勢いらっしゃいます。 そんな方にお勧めできるのが、カンジタ膣炎に有効的なサプリメントを活用したカンジタ対策です。

 

カンジタ菌は元々多くの方が持っている常在菌ではありますが、身体の免疫力が落ち、菌に異常が起きてしまうとカンジタ膣炎を発症するようになります。 逆に考えてみれば、身体の免疫力が整えられてさえいれば、カンジタを恐れる心配はないとも言えます。

 

このことから、サプリメントなどを用いて身体の免疫力を向上させておくことは、カンジタ対策に有効的だと考えられるようになっています。 また、サプリメントは医薬品ではないため、薬とは違って安心して使用し続けることもできます。

 

免疫力の低下の原因は、風邪や寝不足、ストレスに過労など、人によって実に様々です。 免疫機能が落ちていると感じている時こそ、カンジタ菌の増殖を抑えるサプリメントでの早期治療は有効的と言えます。

 

次に挙げる成分は、カンジタに有効ということが様々な実験で立証されているものです。

 

オレガノ→カンジタ菌の増殖の抑制効果がある

 

パウダルコ→天然の抗生物質とも呼ばれ細菌増殖抑制効果がある

 

黒くるみ→免疫力向上効果がある

 

カプリル酸→カンジタ膣炎を直す効果がある(※アメリカの医学博士ホワイト氏が発見)

 

乳酸菌→免疫力向上効果がある

 

乳酸菌については、善玉菌を増やすことで効果が得られるというものです。 腸内のPHが酸性に保たれるようになると、アルカリ性を好むカンジタ菌が死滅すると言われています。

 

乳酸菌にも種類が色々ありますが、カンジタ発症には以下の乳酸菌が早期治療に役立つとされています。

 

・ラクトバチルス・アシドフィルス菌

 

・ラクトバチルス・ラムノーザス・GG菌

 

・ラクトバチルス・プランタラム

 

残念ながら現在、これらの成分の入ったカンジタ専用のサプリメントは、日本メーカーは取り扱いや販売をしていません。 このため購入はモニスタット同様、インターネットを利用に限られてきます。

カンジタクリアースーパー