カンジタの自然治癒と膣内の健康維持にデーデルライン桿菌

 

カンジタの治療薬を使用するとカンジタを治すことができるのですが、また再発してしまうという方はかなりいらっしゃいます。 カンジタは非常に再発しやすいという特徴があるからです。

 

そして、カンジタを再発させないためには膣内の健康状態を良くしておくことが大切です。

 

膣内は通常は酸性となっています。しかし、体調を崩し免疫力がなくなってしまうと弱酸性になったりアルカリ性になったりしてしまいます。 このような原因でせっかく治ったカンジタが再発してしまうのです。

 

しかし、一定の状態で酸性に保たれていればカンジタが再発する事はありません。

 

ですから膣内を常に酸性に保つようにしておけばカンジタの再発防止になります。 そして、膣内を酸性に保つにはサプリメントを利用するという方法があります。

 

ドクターチョイスのサプリメントにカンジタクリアーというカンジタ治療専用のサプリメントがあります。 こちらのサプリメントを常用することによりカンジタの自然治癒が期待できます。 膣内にカンジタ治療薬を挿入することに抵抗がある方はサプリメントによる治療という選択肢を知っておくといいと思います。

 

また、このカンジタクリアーと併用するとより高い効果を期待できるサプリメントがあります。それはフェミプロバイオというサプリメントです。 フェミプロバイオはデーデルライン桿菌という乳酸菌群を繁殖させておくことができるサプリメントです。

 

デーデルライン桿菌は膣のバリアという重要な乳酸菌群ですが死にやすいという特徴があります。 ですからサプリメントで補うことによりデーデルライン桿菌を繁殖させておくことができます。

 

そうすることによって外からの雑菌をブロックし殺菌します。このことにより膣内の健康状態を保ちカンジタの再発防止にも効果を発揮します。

 

デーデルライン桿菌は、この他にも異常なオリモノの発生やデリケートゾーンのニオイに関しても効果が期待できます。 デーデルライン桿菌により膣内が酸性に保てていれば、デリケートゾーンの中で雑菌が繁殖し、腐敗するということを防げるからです。

 

なぜならデリケートゾーンの中で雑菌が繁殖して腐敗した結果、臭ったり、かゆみになったり、異常なオリモノが発生したりしてしまうのです。