デーデルライン桿菌を洗い流すウォシュレット

 

最近はウォシュレットとデーデルライン桿菌の関係性が見直されるようになってきました。

 

ウォシュレットで洗いすぎることが原因でデーデルライン桿菌を洗い流し過ぎてしまうそうです。

 

このウォシュレットでデーデルライン桿菌を洗い流し過ぎてしまうと、膣内が中性化してしまい、外部から侵入してくる細菌から膣を守ることができなくなっているそうです。

 

外部から侵入した病原細菌によって細菌性膣炎を発症してしまう女性が増えているんですよ。

 

産婦人科の研究においては、ウォシュレット使用者というのは非使用者に比べると、大腸菌等の腸内細菌、さらには皮膚の常在菌といったものの割合が非常に多くなっているといわれているのです。

 

肛門付近にいる大腸菌や腸内細菌というのは本来であれば膣内に問題を起こすようなことはありません。

 

しかし、ウォシュレットの使いすぎによって膣内に問題を起こしてしまうことが多くなるのです。

 

菌類というのは身体に必要なものもあれば必要のないものもあります。 そのため、菌類を除去し過ぎてしまうことが原因で様々な悪影響を引き起こしてしまうこともあるということをよく覚えておくようにしなければなりません。

 

菌は殺菌すればするほど良い、というものではないのです。