カンジタと乳酸菌の関係

 

です。 でも何故、乳酸菌がカンジタ症に有効的なのでしょうか。

 

腸は身体の栄養の吸収には欠かせない重要な臓器です。 腸内環境を整えれば、それだけ身体に必要な栄養吸収も促進されるようになります。

 

栄養吸収が促進されれば、免疫システムもスムーズに稼働するようになり、これが免疫力の向上に役立てられていきます。 カンジタだけでなく、様々な病気において腸内環境を整えておくことは重要なのです。

 

腸内環境を整えるために必要とされるのが、悪玉菌よりも善玉菌を増やすことです。 そして善玉菌を増やすために必要となるもの、それこそが乳酸菌なのです。 特に善玉菌は年齢と共に減少してしまうため、腸内環境を整えるには乳酸菌を積極的に補うことが必要とされます。

 

一般的に乳酸菌を摂ると言えば、ヨーグルトを食べたり、乳酸菌飲料を飲むことなどを想像するかと思います。 ただこの方法は毎日飲食し続ける必要があるため、例えばヨーグルトが苦手な方やカロリーを気にする方などにとっては、あまり実用的な方法とは言えません。

 

そんな時に役立てられるのが、乳酸菌サプリメントです。

 

ただ、一言で乳酸菌サプリメントと言っても、その用途は様々です。 カンジタ症を意識するのなら、当然カンジタ菌に有効的と言われている乳酸菌を選ぶ必要があります。

 

現在は、次のような乳酸菌がカンジタ症に効果があると言われています。

 

ラクトバチルス/アシドフィルス菌→真菌抑制、消化不良防止

 

ラクトバチルス/ラムノーザス/GG (LGG菌)→整腸作用、アトピー性皮膚炎改善

 

ラクトバチルス/プランタラム→整腸作用