カンジタとデーデルライン桿菌

 

女性のデリケートゾーンの健康を保つためにはデーデルライン桿菌という乳酸菌が重要となります。 デーデルライン桿菌という乳酸菌は膣の健康を守っています。

 

異常なオリモノやデリケートゾーンの臭いが気になるという方もいると思います。 この原因は膣の中で雑菌が繁殖して腐敗した結果、匂ったり、かゆみになったり、異常なオリモノになったりしてしまうのです。

 

膣の中は酸性になっています。ところが外から雑菌がはいることにより膣の中の酸性のバランスが崩れてしまい、このようなことが発生してしまいます。

 

しかし、デーデルライン桿菌という善玉菌をきちんと繁殖させておくことでこのような現象を防ぐことができます。 つまりデーデルライン桿菌は膣のバリアという重要な乳酸菌といえます。

 

デーデルライン桿菌の弱点は死にやすい菌だという事です。ですから、デーデルライン桿菌を保つためにはサプリメントで補う必要があるのです。

 

カンジタ菌は膣の健康が崩れることにより繁殖してしまいます。 デーデルライン桿菌を保つことによりカンジタを自然治癒することやカンジタの再発防止をすることも期待できます。