いろいろなカンジタの症状

 

カンジタ性口内炎

 

別名で鵞口瘡(がこうそう)と呼ばれることもあります。 乳幼児がカンジタ性口内炎になる場合は、免疫力の低下や抗生物質の使用ほか、哺乳瓶や母親の乳首などから感染し発症することが多いと言われています。

 

成人がカンジタ性口内炎になる場合は、ステロイド治療や不適切な抗生物質の長期使用、性行為感染症などが原因として多く挙げられます。 カンジタ性口内炎の症状は、頬の内側や口蓋、舌などに白い苔のようなものが点状や地図状になって現れます。

 

症状が出ていると飲食時やに痛みを感じるようになります。 白い苔はのようなものは悪化すると剥がれにくくなりますが、最初はガーゼなどで触れると簡単に剥がれます。 剥がれた後は赤く炎症を起こしたり出血がみられるケースもあります。

 

悪化により口の中が赤くただれることで、常に痛みを伴うようになります。 特に乳幼児の場合などには積極的な治療は行わず、消毒力あるうがい薬を使うなどして対処する場合もあります。 症状が出た場合には、口腔外科や内科などで受診するようにしましょう。

 

皮膚カンジタ症

 

カンジタ菌が皮膚に感染し炎症を起こすことで発症する病です。 赤ちゃんや乳児に多いカンジタ症として知られています。 カンジタ菌は人の口や皮膚の表面など、高温多湿の環境を好む常在菌です。

 

つまり、おむつをつけた赤ちゃんの皮膚はカンジタ菌が好む環境にある言えます。 そんな赤ちゃんの皮膚に傷がつくと、カンジタ菌が炎症を起こしやすくなるのです。

 

初期症状としては赤いブツブツが出る程度ですが、酷くなると炎症を起こしている部位とそうでない部位がくっきりと分かれるようになります。

 

一見おむつかぶれのようにも見えますが、皮膚カンジタ症はおむつが触れていない部位にまで症状が現れるようになります。 対処法はおむつをこまめに取り替え、清潔な状態を保つようにすることです。 入浴の際には石鹸を使って隅々までよく洗ってあげるようにしてください。

 

ステロイド剤などの使用を考える方もいるようですが、かえってカンジタ菌を増やす原因となる場合がありますので注意が必要です。 一般的には、抗真菌剤の軟膏を塗って約2週間ほどで治ります。

 

おむつかぶれがなかなか治らない場合は皮膚カンジタ症である可能性もありますので、区別がつかない時を含め、小児科や皮膚科の医師に相談するようにしてください。