膣を守っている乳酸菌とデーデルライン桿菌

 

デーデルライン桿菌というのは思春期以降まで成長しており、健康体の女性であれば膣内に必ずいる乳酸菌の一種です。

 

思春期に達した女性の膣の中は、女性ホルモンの影響でグリコーゲンがたくさん蓄積されています。

 

そしてこのグリコーゲンをエサにして、乳酸菌は活発に活動をしているのです。 この乳酸菌の働きによって膣内は酸性に保たれており、細菌や病原菌といった菌類をしっかりと撃退することができているのです。

 

しかし、この乳酸菌の数が減少し、膣内から細菌やウィルスが侵入しやすくなっているといわれています。 というのも、その主な原因はトイレのウォシュレットです。

 

このウォシュレットというのはデリケートゾーンをしっかりと清潔に保つうえでは非常に効果的なものだと言われています。 もちろん、便や雑菌といったものを洗い流すうえでは効果的です。

 

しかし、同時に乳酸菌までも撃退してしまうために、膣内を酸性に保つことができなくなってしまっているのです。

 

身体というのは、常に雑菌に晒されているのですが、その雑菌と乳酸菌とのバランスというのは非常に重要なんですよ。

 

清潔にするために殺菌をするというのは、同時に善玉菌の存在をも消し去ってしまう可能性があるということをよく覚えておくようにしましょうね。