カンジタ膣炎の治療や対策

 

カンジタ膣炎を発症する方とうのは非常に多いです。 このカンジタ膣炎は性行為によって発症する性病だと思われている方も多いのですが、実はそうではありません。

 

このカンジタ膣炎というのは膣の内部にカンジタ菌が増殖し、炎症を起こしてしまう病気です。 カンジタ膣炎の症状がみられた時には、とにかくまずはシャワーを使用したり、ウォシュレットを使用するなどして膣内を洗浄しましょう。

 

その後、婦人科や皮膚科に行って治療を受けるようにしましょう。 カンジタ膣炎の治療を行う場合には、まずは病院で膣内をきれいに洗浄してもらいます。 そして洗浄後に錠剤の抗菌剤を処方してもらい、抗真菌薬を入れることで1週間もあれば完治しますよ。

 

ただし、このカンジタ膣炎はどうしても再発してしまいやすい病気です。 そのため、普段からしっかりと膣を清潔な状態に保つ必要があります。 さらに、免疫力の低下がカンジタ菌の増殖を許してしまいます。

 

カンジタ菌は常に膣内に存在するものですので、このカンジタ菌を増殖させないようにしましょう。 そのためには、食生活や生活習慣の改善がカンジタ膣炎を予防する上で最も効果的な方法だといえます。 カンジタ膣炎は普段の生活の中でも十分に予想することができる病気であるということを覚えておきましょう。