妊婦がカンジダになると?

 

妊婦がカンジダ症になると、実はすごく大変だったりします。
といういのも、カンジダは産道感染をする可能性があるので、赤ちゃんへの感染が心配されるのです。
私の周りでも、カンジダが完治しないまま生んだ人がいますが、点滴代などがかかって、ちょっと出産費用が高くなったと言っていました。

 

カンジダが治らない場合は、抗生物質を点滴しながらの自然分娩や、帝王切開の可能性があります。
症状によって、どっちになるのか変わってきますので、自分で選ぶことは出来ません。
帝王切開が嫌だったら、やはり出産前に、しっかりとカンジダを完治させることが大事になってきます。

 

帝王切開になると、やはり費用も高くなりますので、出産費用に余裕がない人は、出来るだけカンジダには気をつけましょう。
出産前までは発症していなくても、出産前になって突然発症するケースもあるので、気が抜けません。
やはり、発症しないためには、睡眠をしっかりとって、疲労回復しておくことが大事だと思います。
また、心配な人は、下半身を洗浄する時に、石鹸などを使用せずに、抗真菌効果のある洗浄剤を、普段から使用しておくことです。
市販でも売っているので、一本あると便利だと思います。