カンジダ症の特徴的な症状とは? 

 

カンジダ症とは、カンジダ菌が原因で生じる感染症です。ただ実際は、カンジダ菌は外部から感染するまでもなく、既に体内に存在している常在菌であるため、風邪や疲労、ストレス等による免疫低下、妊娠中や生理前等に生じるホルモン変化によって、カンジダ菌が増殖してしまうことで発症するそうです。

 

では、カンジダ症の症状には、どういったものがあるのでしょうか?調べたところ、性器の痒みと
オリモノの変化が、主な症状として挙げられていました。具体的には、性器の粘膜や外部が赤く爛れて痒くなったり(ひどいと、肛門のところまで症状が広がるみたいです)、オリモノがカッテージチーズのように白い粒状になったりするみたいです(匂いもチーズに似た酸味のあるものになるそうです)。こうして見ると、かなり症状は特徴的ですね。

 

ただ、大抵の場合は、痒みよりもオリモノの形状や匂いの変化の症状の方が、早く生じるそうです。となると、その段階で早めに対処に移れば、ひどい痒みには苦しまずに済むんですね。なので、私もオリモノに上記のような変化が見られたり、性器からチーズに似た異臭がしたりした場合は、すぐに抗真菌クリームを塗った上で、睡眠などを十分とるようにします。