服装もカンジダ症の原因に!?

 

カンジダ症の原因と言えば、免疫の低下が有名だと思います。免疫の低下によって、カンジダ菌が増殖した結果、カンジダ症が発症するそうですから。しかし、カンジダ症の原因、正確に言うと、カンジダ菌の増殖する原因は、免疫だけではないんです。なんでも、湿度が高いと、それはそれでカンジダ菌にとっては格好の環境になるのだとか。

 

そのため、服装にも注意した方が良いみたいです。確かに、服にも通気性が良いものと悪いものがありますからね。例えば、ジーンズ。ジーンズと一言で言っても、緩いものは本当に緩いですが、きついものは本当にきつくできていますからね。あとは、下着も絹よりは綿系のものが良いそうです。こちらの方が、通気性が高いとかで。また、女性はガードルやストッキングなどで陰部を締め付けがちですが、それらも陰部の湿度を上げる原因となってしまうため、せめて暑い季節はなるべく控えることが推奨されるそうです。

 

となると、ガードルは薄いものを選んだり、ストッキングじゃなくてニーハイで代用したりする必要がありそうですね。私も、よくきつい細身のジーンズを好んで履いているのですが、これからは毎日のように履くということは控えるようにします。