膣の自浄作用とデーデルライン桿菌

 

女性の内性器である膣というのは、月経血の通り道であり、出産のときには産道となります。 さらにセックスの時には男性器を受け入れることになりますので、非常に様々な働きがあります。

 

そのため、どのような時でも清潔な状態を維持する必要があるのです。 常に清潔な状態にするなんて大変…

 

そのように思われる方もいるかもしれませんが、実は心配する必要はありません。 というのも膣そのものが優れた自浄作用を持っているからです。

 

膣内には本来すみついているデーデルライン桿菌がいます。 このデーデルライン桿菌が膣内を酸性状態に保ってくれることで、その他の細菌が感染してしまったり繁殖しにくい仕組みになっているのです。

 

しかし、膣の自浄作用というのは必ずしも完璧なものではありません。 出産の後や疲労が蓄積している時などの抵抗力が低下している時には、膣の洗浄機能も低下してしまいます。

 

そのようなタイミングで大腸菌などに感染してしまうと膣炎を発症してしまうことが多いのです。 また、膣炎を予防するには清潔にすることが大切ではありますが、ビデなどで膣炎を洗いすぎてしまうとデーデルライン桿菌まで除去してしまうことになります。

 

それは膣の自動洗浄機能の低下に直接結びつきますので、洗いすぎには注意が必要です。