細菌性膣炎とデーデルライン乳酸桿菌

 

細菌性膣炎は、体内の菌が異常に増殖することによって炎症を起こしているものです。 女性の膣というのは、デーデルライン乳酸桿菌が生息していますので、その作用によって粘液が酸性の状態に保たれています。

 

そして悪玉菌の繁殖を防いでいるのです。 しかし、免疫力が落ちたり、膣内の洗いすぎといったことが原因となって自浄作用が低下してしまうことによって一般細菌が膣内において異常に増えてしまうのです。

 

その結果、炎症を起こしてしまい細菌性膣炎を発症するのです。 では、細菌性膣炎を発症しないようにするにはどうすれば良いのでしょうか?

 

日常生活での気をつける点としては、健康な女性というのは膣の中は酸性の状態になっています。 しかし、免疫力が低下してしまったり、腟内を洗いすぎてしまうとこの酸性の状態を保つことができなくなってしまいます。

 

その結果、菌類が増殖しやすい環境になり、次第に炎症を起こすようになるのです。 そのため、普段から膣内をしっかりと洗っている女性は少し洗浄を控えるようにしましょう。 石鹸を使用し過ぎている方も水洗い程度にするなど対策をするようにしましょう。

 

そうすることで膣内の自浄作用をしっかりと高めることができ細菌性膣炎を発症しにくくなりますよ。