膣内の健康にデーデルライン桿菌

 

「異常なオリモノやデリケートゾーンの臭い」というのは膣内で雑菌が繁殖し腐敗した結果、起きてしまいます。

 

この問題は膣内はきちんと酸性に保たれていれば防ぐことができます。

 

膣内を酸性に保つ役割をしているのがデーデルライン桿菌という乳酸菌群(善玉菌)です。 これらの乳酸菌は主に「ラクトバチルス系の乳酸菌」です。 この乳酸菌が膣内で繁殖していれば膣内を酸性に保ち、バリアとなって外からの雑菌をブロック、殺菌します。

 

では一体どのようにしたらこのデーデルライン桿菌を増やせるのでしょうか。

 

いちばん手軽に増やす方法としてはデーデルライン桿菌のサプリメントを利用するという方法があります。 ドクターチョイスの「フェミプロバイオ」はデーデルライン桿菌のサプリメントです。 こちらを常用することによりデーデルライン桿菌を増やすことが可能です。

 

そして、このサプリメントを利用することでカンジタの再発防止が期待できます。

 

カンジタ膣炎の治療

 

カンジタ膣炎の治療についても、自宅で行う手がない訳ではありません。 ひとつとして、病院で用いられるものと同じ成分の市販薬を自分で挿入することで治す方法があります。

 

但しこの方法は病院で治療した証明が必要なので、初めてカンジダを発症した方は選択できません。 再発などの場合であっても、薬剤師さんからの問診を受ける必要があります。

 

またひとつとしては、乳酸菌とサプリメントによる治療を行う方法もあります。

 

この方法は薬による副作用の心配もなく、安全かつ高い確率でカンジタを治す事ができます。 欧米などでは、非常に多くの方がこの方法でカンジタ対策を行っていることから、お勧めの治療法でもあります。

 

健康な状態の膣内を手に入れるには、PHを酸性状態に戻す必要があります。 これを可能にするのに効果的と言われているのが、乳酸菌の摂取とカンジタ菌の増殖を抑えるサプリメントの併用です。

 

乳酸菌の摂取と言ってもPHを酸性方向に持っていくためには、LGGと呼ばれる特定の乳酸菌を選択する必要があります。 このLGGに加えて、パウダルコという木の樹脂から取った成分や黒クルミ、オレガノオイルなどのカンジダ菌を殺すハーブが配合されたサプリメントを摂取します。

 

この方法により、早い人で約1~2週間でカンジタの症状がなくなるケースもあります。

 

ただ、カンジタ菌に効果的とされているこれらのハーブやカンジタ専用の乳酸菌は、日本ではまだ販売されていない現実があります。 そこで注目したいのが、ビューティー&ヘルスリサーチ社が販売する、カンジタ治療のための乳酸菌とサプリメントがセットになった商品です。

 

ビューティー&ヘルスリサーチはドクターズチョイスと言うブランドのメーカーでもあり、信頼性も高い会社のためお勧めできます。

 

カンジタを治療薬を使わずに自然に治したいということであれば、カンジタ治療専用のサプリメント使うという方法があります。

 

ドクターチョイスの「カンジタクリアースーパー」はカンジタを副作用なしで自然治癒的に自宅で治せるサプリメントです。